機能回復には、患者様お一人お一人にあわせ最適な訓練プログラムの作成が必要です。

当院では患者様の状態をきめ細かくチェックし、病状、加療状況、体力、運動機能などを見ながら適切な機能回復訓練を行っています。

移動式平行棒 移動式平行棒内で、起立訓練や歩行訓練を行います。
移動式姿勢矯正鏡 全身が映る大きな鏡で、姿勢矯正、起立訓練、歩行訓練を行います。
上肢交互運動器
(簡易型)
肩関節の可動域の増大と筋力の増強を図る目的で訓練を行います。
訓練用腰掛 立ち上がり訓練に使用します。高い台から低い台へ無理なく訓練を進めていけます。
プッシュアップ台 起上がり、立ち上がりなどの訓練で、両手で身体を持ち上げ上肢の支持力を強めます。
マットプラットホーム ベットからの起き上がり、車椅子への移乗、起立訓練等を行います。
歩行補助車 ある程度平行棒内で歩ける方で、杖での歩行の前段階の訓練に使用します。
自転車運動訓練器 下肢及び腹筋の増強のための訓練器です。
マイクロ波治療器 生体の深部、すなわち、骨格組織にまで温熱効果を与え、新陳代謝を促します。
低周波治療器 鎮痛と廃用性萎縮の萎縮遅延を目的とする定電流型の経皮的電気刺激装置です。
パラヒィン浴槽置 温熱療法の一つで、手指や足指などの凹凸の激しい部分でもムラなく加温が出来ます。
赤外線治療器 主に、外傷性皮下出血の治療に使用します。
ホットパック装置 伝導性温熱療法の一つで、肩こり、腰痛などの鎮痛、筋緊張の低下を促します。
自動間欠牽引装置 脊椎症や腰椎症などの疾患を温熱療法と併用することにより、より効果的に実施します。
 
上記の設備により、安全を第一に患者様の機能回復に全力を尽くします。